学校法人東海大学個人情報保護

学校法人東海大学の個人情報保護への取り組み

学校法人東海大学は、国内に東海大学をはじめ、3つの短期大学、ハワイに現地法人の短期大学、そして高校から幼稚園までの初等中等教育機関、様々な研究所を有する総合教育機関です。また東海大学医学部の付属病院として、4つの総合病院を設置しています。
学校法人東海大学が設置する各機関で扱う個人情報は多種多様ですが、個人情報の重要性を認識し、学園全体としての「個人情報保護方針」を策定して個人情報保護の取り組みを実施しております。

個人情報保護方針

学校法人東海大学(以下「本法人」という)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報保護方針を策定し、本法人が設置する全ての教育研究機関および付属施設において、以下の事項を遵守し、個人情報保護への取り組みを実施、継続してまいります。

1.個人情報の収集、利用および提供

本法人は、収集目的を明確にした上で、目的の範囲内に限り、適法かつ公正な手段を用いて個人情報を収集します。また、個人情報の利用・提供は、その収集目的から逸脱しない範囲とします。

2.個人情報の管理と保護

本法人は、適切かつ厳重に個人情報を管理します。原則として、本人の同意※1を得た場合を除き、第三者への個人情報の開示・提供は行いません。また、個人情報に関する不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏えい等を防止するため、安全対策を実施し、その維持・改善を行います。

  1. ※1本法人では、本人が未成年または成年被後見人の場合、その法定代理人(保護者等)の同意を持って「本人の同意」とさせていただく場合があります。

3.個人情報に関するお問い合わせへの対応

本法人が保有する個人情報に関する各種お問い合わせ(開示・訂正・削除の請求および苦情・相談)に対しては、合理的な範囲で適切かつ迅速に対応します。また、そのために必要な体制の整備に努めます。

4.法令遵守

本法人は、本法人が保有する個人情報に関して適用される法令、規範を遵守します。

5.継続的改善

本法人では、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施します。

2005年3月22日

学校法人東海大学

理念・憲章へ戻る