学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

ご案内

2019年度 第2回 親子・ファミリー科学教室 『サイエンス実験』で盛り上がろう!
7月27日(土) 10:00〜12:00

【テーマ】
帰ってきた〜!!! ドクターアキヤマの科学教室「ザ・夏!」

 去年も今年も来年も(笑)、とにかく日本の夏は暑〜い。サイエンス実験で暑い夏を吹き飛ばそう!!
 何度やってもおもしろい、超冷た〜い定番のあの実験から、初披露のカラフルな実験まで、楽しくて夢中になること間違いなし。
 夏休みの自由研究にも使えるし、お土産としても持って帰れる、科学が大好きになる不思議実験を楽しもう!!


【講師】秋山泰伸(東海大学工学部応用化学科教授)

【日時】2019年7月27日(土) 10:00〜12:00
【参加費】>子供 2,000円/保護者無料
【対象】幼年〜中学生
【会場】望星学塾(武蔵野市西久保1‐17-1)
【定員】20組(定員になり次第〆切) 《申込〆切》7月19日(金)
【後援】武蔵野市教育委員会・東海大学同窓会三多摩支部
【申込方法】電話または申込用紙をFAX・郵送でお送りください(E-mailも可)

→詳しくはこちら

学校法人東海大学望星学塾 〒180-0013 東京都武蔵野市西久保1-17-1
TEL: 0422-51-0161 Fax: 0422-53-1025 E-mail: bosei@tokai.ac.jp

開催報告

「『サイエンス実験』で盛り上がろう!」をテーマに開催する2019年度の親子・ファミリー科学教室。第2回は、7月27日(土)、東海大学工学部応用化学科教授の秋山泰伸先生を講師にお招きし、「帰ってきた〜!!! ドクターアキヤマの科学教室「ザ・夏!」」と題して開催しました。今回は、Teaching Assistantとして、東海大学工学部応用化学科の学生6名が教室の運営をサポートしてくれました。

当日は、「オリジナルバスボム」「不思議な万華鏡」の2つのモノづくりを行い、最後に「超〜冷たい実験」を行いました。
「オリジナルバスボム」は、日常で使われているクエン酸や重曹などを用いた入浴剤づくり。アロマオイルと食紅で匂い・色付けを行い、最後にハートや花、星の形をした型に入浴剤を入れて電子レンジで加熱し、自分好みの色・匂い・形をしたオリジナルバスボムを作成しました。子供たちからは「上手にできた」「早くお風呂に入りたい」などの声が上がりました。
「不思議な万華鏡」は、厚紙と特殊なフィルムを用いて作成。作成した万華鏡で白熱灯やLEDライトを見ると、鮮やかに輝く不思議な模様を見ることができます。「白熱灯とLEDライトでは見え方が違う」「すごい、不思議な模様」などの声が上がりました。
最後の「超〜冷たい実験」では、マイナス196度の液体窒素を使った不思議な現象を体験。液体窒素の中にパンパンに膨らんだ風船やゴムボール、バナナや花など様々なモノを入れ、モノの変化を楽しむ実験を行いました。子供たちは変化する物質の不思議さに終始興奮気味でした。

本年度の親子・ファミリー科学教室は、全2回を終了。どちらも定員を超える申込みを頂きました。来年度も開催致しますので、皆様のご参加をお待ちしております!


講師の秋山泰伸先生

6名の大学生がTeaching Assistantとして実験をサポート


白衣を着て科学実験。うまくバスボム作れるかな〜


色鮮やかなオリジナルバスボムができました


不思議な万華鏡づくり

白熱灯とLEDで見え方が違う?

液体窒素の不思議を体験。カチコチになったゴムボールをハンマーで叩く

記念撮影

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.