学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

2019年度特別講座 第1弾

2019年度講座モットー「平和の理想忘れしな」
【演題】〈特別講座 第1弾〉日ロ関係 地政学と領土問題 北方領土打開の道

安倍総理とプーチン大統領は去年11月の日ロ首脳会談で「56年日ソ共同宣言」を基礎に平和条約交渉を加速することで合意しました。1956年日ソ共同宣言では平和条約締結後、歯舞、色丹の二島の日本への引き渡しを定めています。しかし、その後の交渉は歴史問題と安全保障の問題で難航しています。打開の道は、そもそもなぜ日ロは領土をめぐる対立を克服して平和条約を締結しなければならないのか、どのようにWINWINの道を見出すのか、地政学的な日ロ連携の道を探ることが不可欠です。領土交渉とともに大きな地政学的視点から、日ロ関係の今と将来を考えます。

【講師】石川 一洋(NHK解説委員、東海大学平和戦略国際研究所客員教授、東京大学EMP講師)
【日時】2019年6月22日(土)14:00〜15:30
【場所】望星学塾 1階ホール
【会場整理費】1,000円(望星学塾会員無料)
【後援】武蔵野市教育委員会、東海大学同窓会三多摩支部

→詳細はこちら

特別講座第1弾報告

6月22日(土)14:00より、本年度1回目の特別講座として「日ロ関係 地政学と領土問題 北方領土打開の道」をテーマに、NHK解説委員の石川一洋先生に講演頂きました。石川先生は「領土」に対する日本と国際社会の認識の違い、日ロ関係の歴史について解説。北方四島の具体的な未来像について持論を展開しました。質疑応答の時間では、参加者から多くの質問が寄せられ、日ロ関係への関心の深さが伺えました。
6月〜7月は、「日本と国際社会を考えるシリーズ」として今回を含めて3回の講座を開催しています。
最後となる次回(特別講座 第2弾)は、G20大阪サミット直後の7月6日(土)、NHK解説委員で政治部記者の岩田明子先生をお迎えし、「日本をとりまく国際情勢」をテーマに開催します。ぜひ、ご参加ください。

特別講座第2弾の概要は、こちらのURLをご覧ください。
https://www.tokai.ac.jp/bosei/2019/kouza/2019special_kouza2.html


石川一洋先生

 

 

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.