学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

第26回松前柔道塾チャレンジ教室〈観戦編〉を開催しました

2019年11月16日(土)に、Total Learning Day第26回チャレンジ教室(観戦編)「W杯の熱気そのままに!東海大学ラグビーフットボール部SEAGALESを応援しよう!」を開催しました。一流のプレーを肌で感じることを目的とし、関東大学リーグ戦『東海大学対流通経済大学』(@秩父宮ラグビー場)の観戦を行い、塾生、保護者など30名が参加しました。
当日は千駄ヶ谷駅に集合し、2020東京オリンピック・パラリンピックで使用される完成目前の新国立競技場や、学生野球の聖地である神宮球場を見ながらラグビー場へ向かいました。新設されたオリンピックミュージアムでは、加納治五郎師範像の前で、柔道だけでなくオリンピックにも尽力したというエピソードを橋本敏明塾監が説明しました。

練習見学も終盤に差し掛かるころ、なんとサプライズでジャイアンツ原辰徳監督が塾生たちの目の前に登場し、子どもたちのボルテージは最高潮。試合前の大事な時間を割き、原監督からは激励の言葉も頂きました。スタンドに移動後は、中日ドラゴンズのウォーミングアップを見学。塾生たちも普段行っているストレッチをしていた選手たちを見て、「プロ野球選手もダイナミックストレッチやってるんだ!」と感激していました。

開幕5連勝で迎えたこの日の試合は、勝った方がリーグ優勝をほぼ確実にするという大一番。試合開始前には、小学生がエスコートキッズとして選手たちとラグビーの聖地に立つ体験をしました。観戦中は、東海大学ラグビー部の学生が、ルールやプレー中の考え方、精神面の変化など、様々な視点から解説。子供たちの何気ない疑問や、保護者の質問にも丁寧に答えてくださり、生観戦の臨場感とともにラグビーの真のおもしろさを体感しました。

試合は、流経大のトライとコンバージョンキックが3本決まり、21対5という劣勢で前半を終了。後半は、東海大が得意とするスクラムやモールでじわりと点差を詰め、残り1分で21対20の1点差に。そしてノーサイドの直前、ラインアウトから得意のモールで押し込み、コンバージョンキックも決め、最大16点差あった試合を逆転し劇的勝利を収めました。 勝利後はハイタッチで選手たちと触れ合い、チャレンジ教室で指導してくださった八百則和コーチや眞野泰地キャプテンとも勝利の感動を分かち合いました。


解説してくれた部員の皆さんと一緒に記念撮影

先月開催した実践・講義編の模様は、こちらをご覧ください。 https://www.tokai.ac.jp/bosei/2019/judojuku/26challenge1.html

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.