学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

ご案内

2018年度 第1回 親子・ファミリー科学教室 『モノづくり』で学ぼう!
2018年7月21日(土) 10:00〜13:30

【テーマ】
プラネタリウム解説員になろう!
〜星座早見盤型プラネタリウムをつくって、星座とその動きを知る〜

【講 師】鈴木恒則先生(元東海大学理学部教授)

【日 時】2018年7月21日(土)10:00〜13:30
【共 催】東海大学付属高輪台高等学校
       文部科学省・科学技術振興機構(JST)
       スーパーサイエンスハイスクール指定校
【対 象】小学3年生〜中学生(小学4年生以上は子供のみでも参加可)
【会 場】東海大学付属高輪台高等学校物理実験室(港区高輪2-2-16)
【参加費】子供2,500円/ 保護者500円(昼食代)
【定 員】20組(定員になり次第〆切り) 《申込〆切》7月11日(水)
【行 程】10:00〜12:00科学教室(受付9:30〜)
      12:00〜12:30付属高輪台高校学校見学
      12:30〜13:30昼食会@東海大学高輪キャンパス食堂
【持ち物】筆記用具、室内履き、飲み物
【後 援】武蔵野市教育委員・東海大学同窓会三多摩支部
【申込方法】電話または申込用紙をFAX・郵送でお送りください(E-mailも可)


開催報告

「『モノづくり』で学ぼう」をテーマに開催する2018年度の親子・ファミリー科学教室。第1回は、7月21日(土)、元東海大学理学部教授・鈴木恒則先生を講師にお招きし「プラネタリウム解説員になろう!〜星座早見盤型プラネタリウムをつくって、星座とその動きを知る〜」をテーマに開催しました。
当日は、文部科学省・科学技術振興機構(JST)スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の東海大学付属高輪台高等学校の物理実験室を会場に、同校SSHの生徒15名がTeaching Assistantとして参加者のサポートをしてくれました。

教室では、18組31名のファミリーが参加し、手作りのプラネタリウムを作成。完成後は、壁に映し出して本格的に星座を見ることが出来るプラネタリウムに、子供たちは興奮気味でした。星座早見盤を使用しているため、1年中使用できる優れもので、「空の星のことが身近に感じられた」「今日から寝る前が楽しみです」など、参加者からの感想が寄せられました。
教室終了後は高校の施設を見学。その後隣接する東海大学高輪キャンパスのカフェ・テリアに移動して昼食会を行いました。


講師の鈴木恒則先生

初めに作成手順の確認と星座の解説を行いました
SSHで学ぶ生徒さんにサポートしてもらいながら親子・ファミリーで一生懸命作業に取り組みました
完成したプラネタリウムを早速映して楽しみました


色画用紙で光を弱め星座早見盤として使うこともできます


講師とアシスタントを務めたSSHの生徒さんと一緒に

会場となった付属高輪台高校 SSH担任・山田武範先生の案内で施設見学
最上階の6階から港区の景色を眺めました

 

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.