学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

創立者生誕記念講座【第429回望星講座】

2018年度テーマ「人と人のつながり」
松前重義と日本武道館 〜1964年から2020年へ 武道のこころとかたち〜

1964年のオリンピック東京大会の開催を契機として日本武道館が建設されました。代議士であった松前重義は1962年1月に設立された財団法人日本武道館の副会長として建設に尽力し、盟友の建築家・山田守の設計案が採用され、「九段下の玉ねぎ」と愛称された八角形の建物が完成しました。
2年後の2020年、再び東京でオリンピック・パラリンピック競技大会が開かれます。日本武道館は柔道と空手の会場です。大会準備が進む中で、望星講座では、武道を愛し武道を通して平和を追求した松前重義の理念と、美しく雄大な武道の殿堂を建設した山田守の設計理念、建築的価値を浮き彫りにします。

<10月は創立者生誕記念講座として、松前重義に関わるテーマで講座を開催しています>

【演題】「『日本武道館』の建築的価値について」
【講師】大宮司 勝弘(東京家政学院大学 現代生活学部 現代家政学科 助教 )

【演題】「国際友情の大道を築こう」
【講師】橋本 敏明(学校法人東海大学望星学塾副塾長、学園史資料センター長、体育学部武道学科教授 )

【日時】2018年10月27日(土)14:00〜15:30
【場所】望星学塾 1階ホール
【会場整理費】500円(講座会員無料)
【後援】武蔵野市教育委員会、NPO法人柔道教育ソリダリティー、東海大学建築会、東海大学同窓会三多摩支部


第429回望星講座開催報告

望星学塾では10月27日(土)14:00より「松前重義と日本武道館〜1964年から2020年へ 武道のこころとからだ〜」をテーマに第429回望星講座を開催しました。



当日は、104名が受講。前半は東京家政学院大学現代生活学部現代家政学科助教の大宮司勝弘先生が、建築家山田守先生の生い立ちや松前重義先生との関係性、日本を代表する建築物の1つである「日本武道館」の設計理念などについて解説。建設する際に凝らされた工夫など、山田守の建築的な視点から「日本武道館」について学びました。



後半は、橋本副塾長が、日本武道館設立に至る背景を紹介。その後、30年に渡る武道を通した社会活動、国際交流活動から、松前重義の思いを解説しました。

講座前(13:00〜13:50)には、東海大学の学生12名が参加して「望星学塾研修」を開催。望星学塾記念館と創立者ご夫妻が住んでいた旧松前邸(現・松前重義記念館)を見学しました。望星講座講師の大宮司先生も研修に参加、山田守が湘南校舎や松前邸建設に懸けた思いを紹介しました。

 

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.