学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

第428回望星講座

2018年度テーマ「人と人のつながり」
健康効果を上げるための身体活動
正しい姿勢づくりと、脳と心をつ
なぐ体の動かし方〜

会場で一緒に身体を動かしませんか?

運動には様々な健康効果がありますが、特に認知症やうつの予防に関する研究は世界中で注目されています。その中で、脳と心は体を動かすことと深い関係にあることがわかってきました。
忘れられた遊び心、人と人とのコミュニケーションが脳を活性化し、脳と体のつながりを深めていきます。運動の及ぼす脳や心、体への影響健康効果を講義でお伝えし、人との関わりを持ちながら自分を知る動き方を紹介します。また、基本となる正しい立ち姿勢の作り方も練習します。

【講師】黒田 恵美子(東海大学医学部客員教授、一般社団法人ケア・ウォーキング普及会代表理事)

【日時】2018年9月8日(土)14:00〜15:30
【場所】望星学塾2階柔道場
【持ち物】動きやすい服装で参加下さい(スカート不可)、タオルと飲み物を持参下さい。
【会場整理費】500円(講座会員無料)
【後援】武蔵野市教育委員会 東海大学同窓会三多摩支部


第428回望星講座開催報告

望星学塾では9月8日(土)14:00より、東海大学医学部客員教授で一般社団法人ケア・ウォーキング普及会代表理事の黒田恵美子先生を講師に迎え、「健康効果を上げるための身体活動 〜正しい姿勢づくりと、脳と心をつなぐ体の動かし方〜」をテーマに第428回望星講座を開催しました。

当日は、62名が受講。前半は黒田先生が、運動が及ぼす脳や心、体への影響、健康効果について実際に体を動かしながら解説。
後半は、「人と人のつながり」を意識しながら、体を動かすことの楽しさ・大切さを、ゲーム感覚で行う運動を通して学びました。

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.