学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

第426回望星講座

2018年度テーマ「人と人のつながり」
【演題】重力波の観測

2017年ノーベル物理学賞
わたしたちの生活を大きく変える「重力波」を解説

1916年にアインシュタインが予言した時空のさざ波「重力波」は、その後100年に及ぶ技術開発の末、2015年に米国の望遠鏡LIGOによって初めての直接観測が成されました。それから現在までに5つのブラックホール連星合体と1つの中性子星連星合体を観測しています。日本でも岐阜県にKAGRAという望遠鏡を建設し、2019年の観測開始に向けて開発研究が進んでいます。
本講演では、100年の歴史を振り返るところから始め、ブラックホールについてのお話から望遠鏡における量子揺らぎのお話まで、幅広くご紹介します。


【講師】宗宮 健太郎(東京工業大学理学院物理学系 准教授 )
【日時】2018年7月14日(土)14:00〜15:30
【場所】望星学塾 1階ホール
【会場整理費】500円(講座会員無料)
【後援】武蔵野市教育委員会 東海大学同窓会三多摩支部

→詳細はこちら


第426回望星講座開催報告

望星学塾では7月14日(土)14:00より、東京工業大学理学院物理学系 准教授の宗宮健太郎先生を講師に迎え、「重力波の観測」をテーマに第426回望星講座を開催しました。


この日は、73名が受講。武蔵野地域から多くの受講者が来塾しました。宗宮先生は、重力波の観測が世の中に与えた影響を物理学の観点でわかりやすく解説。講義の後半は質疑応答の時間とし、熱心な受講者の質問に丁寧に答えて頂きました。

6月から8月の望星講座は、『科学技術の現在・過去・未来』をテーマに開催しています。
 8月 4日(土)第427回望星講座「オルゴールをつくろう」(親子ファミリー科学教室)

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.