学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

望星学塾後期特別講座(2018年10月13日14:00〜15:30)

テーマ:後 期 「三島由紀夫はなぜ、自決したのか?―文学作品と政治活動の「間」から見えるもの―」
講師:三輪 太郎氏東海大学文化社会学部文芸創作学科教授)
共催:東海大学同窓会東京ブロック三多摩支部

1970年11月25日正午、作家・三島由紀夫は東京市ヶ谷の自衛隊東部方面総監部でクーデタを呼びかけ、自決しました。
同時代のほとんどの日本人は、その死を「不可解」と切り捨てました。
あれから約半世紀、「不可解」な作家は今なお読まれつづけ、世界の人びとを魅了しています。なぜ、三島は読まれつづけるのか?なぜ、彼はあのような死に方をしなくてはいけなかったのか?
学生時代から約40年間、私が考えてきた仮説を語りたいと思います。

→詳しくはこちら

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.