学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

松前柔道塾鏡開き式・お汁粉会を開催しました

2019年1月13 日(日)に松前柔道塾鏡開き式・お汁粉会を開催。スタッフ8名・来賓 2名・塾生54名・保護者37名・OB2名・海外来賓1名の合計 104名が参加しました。
橋本敏明塾監が新年の挨拶を行った後、鏡餅を用意し、刃物を使用せず手や鎚で割ること、「切る」とは言わず「開く」と表現すること等、鏡餅にまつわる風習について説明をしまし た。塾生代表の言葉では、小学校6年生矢野磐根君が「松前柔道塾の体躯・勝負・修身の教 育理念の下、あいさつ世界一を目指し、明るく元気に一年間頑張ること」を誓い、関係者挨拶では、卒業生の八巻和馬さんと冨田誠さんが塾生を激励しました。黒帯贈呈では、昇段審 査で初段に合格した、中学3年生に松前柔道塾から黒帯を贈呈。黒帯を着用し、一人ずつ今後の抱負について話しました。投の形演武では中学生が、手技<取:竹ノ内仁謹君 受:岩井陽介君>、腰技<取:永野元政君 受:安藤吉平君>、足技<取:遠藤聖也君 受:磯貝 大地君>を披露。続いて、昨年10月に弐段に合格した蓮見先生が真捨身技、横捨身技を披露しました。<受:井澤先生>
表彰では、10月〜11月に開催した読書月間で読書感想文を提出した6名の塾生を表彰。 「松前柔道塾認定・トレーニング指導者」として、所定のクラスを全て受講した中学1年生 の栗原功季君を表彰。体力測定者表彰では、秋の体力測定で各種目の上位3名を表彰。代表として、クラスUの立ち幅跳び・垂直跳びの 2 種目で1番良い成績だった6年生の飛塚蒼輔君に賞状を授与しました。
鏡開き式と稽古を終えた後は、お汁粉会を開催。朝早くから多くの保護者の方々に手伝っていただき、参加者にお汁粉やお餅が振舞われました。
お手伝い頂いた保護者の皆様ありがとうございました。


塾監挨拶


塾生代表挨拶 小学6年生
矢野磐根君


黒帯を贈呈された中学3年生


投の形演武


合同稽古で汗を流す


お汁粉会の様子


お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.