学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

第423回望星講座

【演題】グローバリゼーションと新国際秩序

現在の世界では、様々な分野での活動において、グローバルな見方や価値観を持つ必要がある。また、世界史に対する知識だけでなく、国際関係に変化をもたらした重要な出来事やその主要当事者の役割に関する基本的な理解も不可欠である。現在、国際社会が直面している多岐に亘る複雑でかつ困難な問題を解決するためには、各国レベル、そして世界レベルの双方において、共同して効果的な解決策を模索することが必要とされる。その観点から、現在の国際関係における世界的な課題を中心に、グローバリゼーションの様々な意味や定義を検討し、更にグローバル化の3つの(経済、政治、社会)主要な要素とグローバル化がもたらす様々な問題や懸念を分析する。最後に、このようにグローバル化した世界において、米国主導の既存の国際秩序が、ロシアをはじめとする、影響力の拡大を図る国々のチャレンジにより、今後どのように変化するのかについて考察することも重要である。

【講師】ヴァシリューク スヴェトラーナ(明治大学国際日本学部 准教授)
【日時】2018年4月14日(土)14:00〜15:30
【場所】望星学塾 1階ホール
【会場整理費】500円(講座会員無料)
【後援】武蔵野市教育委員会 東海大学同窓会三多摩支部

→詳細はこちら


第423回望星講座開催報告

開催後に報告します

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.