学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

第420回望星講座

【演題】新春講座 東海大学学園校友会視察旅行報告
バルト海紀行 〜北欧2ヵ国とエストニアの世界遺産を巡る旅〜

東海大学学園校友会2017年夏の視察旅行では、バルト海沿岸のエストニア、フィンランド、スウェーデンの3国を船で訪れました。世界遺産登録されているおとぎの国のような街並みのエストニアの首都タリン、ノーベル賞の街スウェーデンの首都ストックホルム、フィンランドの首都ヘルシンキ、古都トゥルクの4 都市の魅力を、多くの写真とともにご紹介します。また、講座の前後には、建学75 周年を記念して、学園の75 周年の歩みを紹介する動画、建学100 周年に向けた学園の姿勢を紹介する動画をご紹介します。講座終了後には、恒例の「新春のつどい」を開催します。

※年度計画でご案内していた開催日から変更となりました。

【講師】松前 義昭(望星学塾副塾長、学校法人東海大学理事長・副総長)
【日時】2018年2月3日(土)
新春講座 14:00〜15:30
新春のつどい 15:45〜16:45
【場所】望星学塾
【会場整理費】500円(講座会員無料)
【後援】武蔵野市教育委員会 東海大学同窓会三多摩支部


第420回望星講座開催報告

第420回望星講座−新春講座−を2月3日(土)14:00より望星学塾2F柔道場で開催、120名の方が聴講しました。
2018年最初の講座となりましたので、初めに、橋本敏明副塾長(学校法人東海大学常務理事)が開会挨拶を述べました。
講座では、松前義昭副塾長(学校法人東海大学理事長)では、昨年8月23日〜31日の9日間、東海大学学園校友会視察旅行で訪れたバルト海沿岸のエストニア、フィンランド、スウェーデン各国の街の景観や食事、自然・文化について触れながら、旅中の参加者の様子や思い出話も交え、多くのスライド写真で振り返りました。

講座終了後には恒例の新春のつどいが行われ(場所:望星学塾1Fホール)では、武蔵野市議会議員深沢達也様(松前柔道塾OB)より乾杯のご挨拶を頂きました。また、日経新聞系列のBS放送局「BSジャパン」の経済ドキュメンタリー番組『マゼランの遺伝子』、学校法人東海大学経営企画室広報課制作の学園紹介ムービー『建学75年の歩み篇』『学園マスタープラン篇』などの映像を放映しました。新春のつどいには118名が参加し、交流を深めました。


新春講座に120名が参加


新春講座で北欧の文化を紹介した松前義昭副塾長


開会の挨拶 橋本敏明副塾長


新春のつどい 深沢達也様 乾杯挨拶


新春のつどい118名が参加

   

 

 

 

お問合せサイトマップ各種入会方法交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.