学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

第417回望星講座

【演題】松前重義と技術者運動 −工業立国論の展開−
【内容】松前重義は、戦前の技術者運動の立役者であり、戦後に科学技術庁を設置し、原子力基本法制定を実現した人物です。戦時下1941(昭和16)年に、科学技術行政の確立に死力をつくした土木技術官僚の宮本武之輔が急死したため、逓信省工務局長に就いた松前は宮本の歩みを継承しつつ、一躍技術者運動のトップリーダに躍り出て行きます。この時期と前後して、松前の科学や技術についての論文や記事の発表が相次ぎます。今回の講座では、松前が宮本率いる技術者団体の日本技術協会に加入し、1937(昭和12)年逓信省工務局調査課長になった頃から1944(昭和19)年工務局長の要職にあったにもかわらず、東條英機による不条理な召集のため二等兵として南方に送られるまでのこれら科学・技術関連論考を、技術者運動とからめて展開・考察します。

【講師】大淀 昇一(元東洋大学文学部教授)
【日時】2017年10月21日(土)14:00〜15:30
【場所】望星学塾・1階ホール
【会場整理費】500円(講座会員無料)
【後援】武蔵野市教育委員会 東海大学同窓会三多摩支部

→詳細はこちら


第417回望星講座開催報告

 

 

お問合せサイトマップ各種入会方法交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.