学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

ご案内

望星ゼミナール実践考古学シリーズ 「布づくりの考古学」(全3回)が終了しました


2015年10月8日〜22日の毎週木曜日14:00〜15:30望星学塾記念館にて、望星ゼミナール実践考古学シリーズ「布づくりの考古学」<講師:宮原俊一先生(東海大学文学部歴史学科講師)>を開催しました。
1回完結型で全3回開催し、弥生時代に使用していた織機の種類や使用法や、効率よく糸を作る道具として使用された紡錘の使用法などを学びました。また、手持ちサイズの織機を使った織布や、糸を紡ぐ過程体験キットを使用し布・織物を再現するなど、実際に作業をしながら古代のひとびとの生活の工夫に触れました。


宮原俊一先生


受講の様子


手持ちサイズの織機を使って織布を体験


お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.