学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

2010年度の望星講座報告

337回336回335回334回333回332回331回328回327回特別講座

第337回望星講座
われらの前に道はない われらの後に道はできる
〜衛星放送、ハイビジョンそして統合デジタル放送〜

2011年2月26日(土)14:00〜15:30

中村 宏(ナカムラ ヒロシ)先生(東海大学同窓会 会長・日本放送協会 会友)をお迎えして、東海大学卒業後、NHKにエンジニアとして入以来、「夢は あきらめない」を思い、放送技術の進化に尽力された歩みと、今後の放送技術の展望についてお話しいただきました。
*多くの東海大学同窓会会員の方にご参加いただきました。

↑上へ戻る

第336回望星講座 新春の集い
世界遺産を通してみる中南米の先史時代
〜マヤ・アステカとインカの遺跡〜

2011年1月22日(土)
講座:15:00〜16:30 集い:17:00〜18:00

2011年、新年を迎えての望星講座が開催されました。
松前 達郎 先生(東海大学総長・望星学塾長)の新年挨拶に続き、東海大学 観光学部長
松本 亮三 先生をお迎えして、ユネスコの世界遺産として登録されている中南米のマヤ、アステカ、インカの遺跡とその先史文明についてお話しいただきました。また、講座終了後、望星学塾記念館にて松前達郎先生を囲んで「新春の集い」が催されました。


松前 達郎 先生(東海大学総長・望星学塾長)新年挨拶


松本 亮三 先生(観光学部長)講演

会場には「子ども国際交流絵画・書道展」デンマークの
子供達の絵画が展示されています。

↑上へ戻る

望星講座 特別講座
平城遷都1300年  〜宇宙から見た京〜

2010年12月18日(土) 14:00〜15:30

坂田 俊文 先生(SK&Tフォーラム 代表・東海大学教授 工学博士)をお迎えしての講演です。 人工衛星「だいち」で撮影した画像を、「宇宙からの考古学」と呼ばれる分野で利用されている技術を使って分析し、古文書や現地調査と合わせて現在と比較しながら、遷都1300年を迎えた奈良を中心に古代から現在に続く「みやこ」についてお話しいただきました。

↑上へ戻る

第335回望星講座
今、日本がデンマークから学べることは何か
〜高齢者福祉の取り組みから〜

2010年12月4日(土) 14:00〜15:30

東海大学と縁の深い、小島ブンゴード孝子 先生(ユーロ・ジャパン・コミュニケーション 代表)をお迎えして、デンマークの教育・医療・福祉について、特にデンマークの高齢者福祉で実践されている「やさしい介護」の取り組みについて実践を交えてお話いただきました。
(小島ブンゴード孝子先生の望星講座での講演は、2001年1月の講演から数えて今回で6回になります。)

↑上へ戻る

第334回望星講座
〜明治のベストセラーはアメリカの廉価小説から?〜
尾崎紅葉の『金色夜叉』について

2010年11月27日(土) 14:00〜15:30

東海大学 文学部 文芸創作学科 准教授 堀 啓子(ホリ ケイコ)先生をお迎えして明治文学の代表作である『金色夜叉』についてお話しいただきました。 堀先生は、2000年11月に尾崎紅葉の『金色夜叉』の原作が英文であることを発見し、発表。当時、読売新聞の一面で報じられ、また他の各メディアでも報告されました。

↑上へ戻る

第333回望星講座(創立者松前重義博士生誕記念講座)
スポーツで結ぶ民族と国家の友情
〜中国と中東における柔道交流から〜

2010年10月23日(土)
講座:14:00〜15:30 懇親会:16:00〜17:30

山下 泰裕先生(東海大学体育学部長、NPO法人柔道教育ソリダリティー理事長)、橋本 敏明先生(望星学塾副塾長)による、創立者松前重義博士生誕記念講座が開催されました。
21年前の1989年5月第76回望星講座で松前重義塾長(当時)が、同じテーマで講演されています。その志を継いだ活動の一端として行われた、日中友好柔道場の設立、イスラエルとパレスチナの友好関係を育む柔道交流についてのお話を中心に講演いただきました。また、講座終了後、山下泰裕先生を囲んで懇親会が催されました。

↑上へ戻る

第332回望星講座
〜抗加齢のための運動〜
自宅でできる カンタン椅子体操

2010年9月25日(土) 14:00〜15:30

東海大学医学部非常勤講師・高輪メディカルクリニック等、多くの場所でご活躍されている健康運動士、黒田恵美子先生をお招きして、抗加齢のため、また日々の健康のために行う運動の大切さと、自宅でカンタンにできる椅子を使った運動について実践を伴いながら講演いただきました。

↑上へ戻る

第331回望星講座
〜親子・ファミリー 科学実験教室〜
LEDを使ったレインボーライトを作ろう!

2010年8月7日(土) 14:00〜15:30

毎年恒例の親子・ファミリー科学実験教室。今回は東海大学工学部 光・画像工学科教授 渋谷 猛久先生をお招きし、LEDを使ったレインボーライトを作成。光と色の関係を学びました。
また、工学研究科の大学院生や付属高輪台高校の学生も科学教室のスタッフとして参加しました。

↑上へ戻る

第328回望星講座
「海外研修航海 〜船を活用した人間教育 〜」

2010年5月15日(土) 14:00〜15:30

4月4日に50日間の日程を終えた、「第41回海外研修航海」の副団長 齋藤 寛 先生(清水教養教育センター  教授・東海大学社会教育センター所長補佐)をお迎えし、研修航海の実際の映像を交えながら、副題である“船を活用した人間教育”についてお話いただきました。今回、研修航海に参加した学生や団員の方々の参加も多く、研修生の生の声を聞くことができました。

講師:齋藤 寛 先生

 

団長:橋本敏明先生からも一言・・・

 

研修生が研修から学んだ事を語ってくれました。

 

団員:松山恵二先生からも一言

 

↑上へ戻る

第327回望星講座
「学力・体力・気力の向上は生活習慣の立直しから!」
〜全国調査から見えてくるもの〜

2010年4月10日(土) 14:00〜15:30

子どもの生活習慣と学力・体力の関係などを長年に渡り調査研究している、小澤 治夫先生(東海大学体育学部 教授/医学博士)をお迎えし、“早寝・早起き・朝ごはんテレビを止めて外遊び”が気力・体力・そして学力の向上にいかに大切かを貴重な全国調査のデータをもとにお話しいただきました。

講師:小澤治夫先生

小澤先生が研究代表として参加している文部科学省の「早寝早起き朝ごはん」プロジェクトのパンフレット。講座参加者に配布されました。

↑上へ戻る

 

お問合せサイトマップ交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.