学校法人東海大学望星学塾
HOME サイトマップ お問合せ

ご挨拶

1936年、松前重義博士によって創立された望星学塾は、その精神および活動を継承し、東海大学建学の精髄として永遠に伝承することを目的としています。

【望星学塾の活動】

望星学塾に関わる資料の収集、編纂および普及
柔道による青少年教育
社会体育の普及
教養講座、講演会などの文化活動
その他必要と認めること

 

      塾長 松前達郎
望星学塾は、東海大学創立者の松前重義博士が、1936年、数人の同志とともに開いたささやかな私塾がその始まりです。それは、デンマーク国民高等学校の教育を範としながら、聖書研究を中心に日本や世界の将来を論じ合う、いわば志ある青年たちの教育道場でありました。
そこには松前博士の「国づくりの基本は教育にあり」との決意が漲っていました。これが今日の東海大学の母胎となったのです。
今日、学塾は学校法人東海大学の機関として創立の精神及び活動を継承し、資料の収集、編纂を始め、数々の特色ある教室を開講、地域に根ざした生涯教育の場として積極的な活動を展開しております。私どもは、望星学塾の歴史に脈打つ社会教育の理念を大切にしつつ、学塾の趣旨にご賛同の皆々様とともに未来に向かって新しい道を開いていきたいと考えています。
   

 

 

お問合せサイトマップ各種入会方法交通案内学園紹介リンク
Copyright(c) 1996-, TOKAI UNIVERSITY BOSEI GAKUJUKU All rights reserved.